研究紹介

統計学は, データから必要な情報を引き出すための方法と理論を研究する学問分野であって, その方法は自然, 社会のあらゆる現象に対して応用されています. 数理統計グループでは, 統計学の分野のうち主として, 多変量解析, 推測理論, 統計的漸近理論, ノンパラメトリック法, 計算機統計理論等について研究を行っています. また, 統計理論に動機づけを持つ数学理論及び実際面の応用に関しても研究を行っています.

スタッフ

若木 宏文 (理学部) 数理統計学.特に,多変量解析, 推測理論,標本分布論.

蛹エ 宏和 (情報科学部) 統計学. 特に, 標本分布論, モデル選択, 不動産データ分析.

福井 敬祐 (情報科学部) 生物統計学, 疫学.

伊森 晋平 (情報科学部) モデル選択, 補助情報を利用した統計解析.

橋本 真太郎 (総合科学部) ベイズ統計学の理論と応用.

小田 凌也 (情報科学部) 多変量解析, モデル選択, 漸近理論.

大石 峰暉 (AI・データイノベーション教育研究センター) 回帰分析, 時空間分析.

学生

河村 風児 (M2)

藤井 良輔 (M2)

望月 教平 (M2)

鬼塚 貴広 (M1)

川上 隼 (M1)

園田 公貴 (M1)

セミナー

金曜セミナー

広島統計談話会

テクニカルレポート

テクニカルレポート

(2020年10月1日更新)