To English Version

研究集会「Intelligence of Low Dimensional Topology」

大阪市立大学数学研究所、平成 21 年度科学研究費補助金基盤研究(A)「結び目理論研究」(課題番号 21244005;研究代表者:河内明夫(大阪市立大学))、基盤研究(A)「3次元多様体の幾何と不変量」(課題番号18204004;研究代表者:小 島定吉氏(東京工業大学)) 、基盤研究(B)「グラフィクスとカンドル理論の観点からの4次元トポロジーの研究」(課題番号21340015;研究代表者:鎌田聖一(広島大学)) により、 標記の研究集会を下記のように開催します。

☆ 記 ☆ 

日程:2009年 11月 12日(木)〜 11月14日(土)
会場: 大阪市立大学学術情報センター10階(杉本キャンパス)
住所:〒558-8585 大阪市住吉区杉本3丁目

世話人:金信泰造(大阪市立大学) 、鎌田聖一(広島大学)


プログラム(プログラムのPDF 日本語 英語

13:20--14:00 村杉 邦男(University of Toronto)
Metabelian representations of knot groups and twisted Alexander polynomials
(joint work with Mikami Hirasawa)

14:10--14:50 山本 亮介(立命館大学理工学部)
On the Alexander polynomial of open books

15:20--16:00 北山 貴裕(東京大学大学院数理科学研究科)
Non-commutative Reidemeister torsion and Morse-Novikov theory

16:10--16:50 Andrei Pajitnov(Universit{\' e} de Nantes)
Circle-valued Morse theory and tunnel number of knots


10:10--10:50 伊藤 哲也(東京大学数理科学研究科)
New braid index estimation  via Dehornoy floor

11:00--11:40 岩切 雅英(大阪市立大学数学研究所)
Surface links represented by 4-charts and quandle trivial 1-handle surgeries

13:20--14:00 石井 敦(筑波大学大学院数理物質科学研究科)
On a normalization of a regular isotopy invariant for spatial graphs

14:10--14:50 花木 良(早稲田大学大学院教育学研究科)
Pseudo diagrams of knots and its related topics

15:20--16:00 新國 亮(東京女子大学現代教養学部)
(安原 晃氏(東京学芸大学教育学部)との共同研究)

16:10--16:50 村杉 邦男(University of Toronto)
研究生活を顧みて − 失敗から学ぶ

(懇親会11月13日17:30--19:30 学術情報センター1階)


10:10--10:50 市原 一裕(奈良教育大学教育学部)
(鄭 仁大氏(大阪市立大学), 水嶋 滋氏(東京工業大学)との共同研究)

11:00--11:40 田山 育男(大阪市立大学)
Enumerating homology spheres with lengths up to 10 by a
canonical order(joint work with Akio Kawauchi)

13:20--14:00 高田 敏恵(新潟大学自然科学系)
On the $SO(N)$ and $Sp(N)$ free energy of a closed oriented 3-manifold

14:10--14:50 中村 拓司(大阪電気通信大学工学部)
Notes on virtual knots whose polynomial invariant is trivial

15:20--16:00 Thang Le(Georgia Institute of Technology)
Torsion growth, Mahler measure and hyperbolic volume

16:10--16:50 作間 誠(広島大学大学院理学研究科)
Epimorphisms between 2-bridge link groups
: essential simple loops on 2-bridge spheres which are null-homotopic
in 2-bridge link complements  (joint work with Donghi Lee)