|目次|次

クレジットカードの不正使用事件

クレジットカードはキャッシュカードと違って、ショッピングに使用する時は パスワードを使いません。利用者の確認はカードに書かれた署名と利用者の署名の を比較することによって行われます。日本では署名を確認する習慣がないため、 この署名の確認も形式的になっているようです。また、カードを偽造すれば 署名の確認は無効になるので、クレジットカードはスキミングの主なターゲット になっています。

ごみ箱に捨ててあった伝票からクレジットカード番号を収集

ゴミ箱に捨ててあったクレジットカードの支払い伝票から、クレジットカード 番号や有効期限、利用者名義などの情報を取得し、その情報を使って、 インターネット通販で商品を手に入れていた。

参照:http://www.security-joho.com/topics/2003/card2.htm

大阪の風俗店、クレジット磁気情報転写しカード偽造

客の脱いだ服からカードを抜き取り、スキミングによってカードを偽造していた。

参照:http://www.security-joho.com/topics/2002/fuuzokuten.htm

都内5つのホテルのクレジットカードの信用照会端末器に無線スキマー

ホテル内の店のクレジットカード照会装置にスキマーが仕掛けられていた。 スキマーは読み取ったクレジットカード情報を無線で送信するようになっていた。

参照: http://www.security-joho.com/topics/2003/sukima1.htm

偽造カードで家電購入、換金。日中窃盗団7人グループを逮捕

スキミングによって入手した情報をもとにクレジットカードを偽造して、 家電製品を購入。

参照: http://www.security-joho.com/topics/2004/cardgizou.htm

クレジットカード偽造事件

偽造クレジットカードを使って商品をだまし取った。「買い子」と呼ばれる 配下を使用して商品を購入。

参照: http://www.creditcard-japan.net/warning/incident.htm

ただし、クレジットカードには補償がついているので、不正利用後一定期間 以内に申し出れば、補償を受けることができます。利用明細を チェックして身に覚えないの支出があれば、 クレジット会社に連絡するようにしましょう。

しかし、クレジットカードの偽造が多くなれば、クレジット会社の負担が大きくなり、 結局は年会費や利用手数料、分割払い時の利息などの上昇となって 利用者にはね返ってくるでしょう。


参照
クレジットカードの犯罪
クレジットカード 実際にあった事件