[総合数理講座]

English

研究内容

総合数理では、幾何、解析、統計の各分野について総合的見地から研究、教育を行っている。

幾何の分野では、微分式系を土台にした幾何学の微分方程式への応用等の微分幾何的内容、および トポロジーや結び目理論の諸科学への応用、それらを複合した広い意味での幾何学の研究・教育を行っている。

解析の分野では、複素関数論に基礎 を置くポテンシャル論・多変数関数論等を中心にした総合的な解析学の構築、 微分方程式系の幾何学的性質の解明、非線形波動にあらわれるソリト ンの安定性解析、およびそれらの複合的な 応用に関する研究・教育を行っている。

統計の分野では、確率論に基づく数理統計学や計算機統計学の理論の複合的な 応用を通じて、現代統計学の総合的な研究・教育を行っている。

また、総合科学部の数理情報科学授業科目群担当教員を中心に運営しているオムニバス形式の数理情報科学セミナーでは、 各分野の最新の話題について初学者にもある程度理解できるよう配慮した講演がなされている。

[可解格子模型] [多面体]

可解格子模型の代数解析(左)  球面上の格子点による多面体(右)


メンバー

阿部 誠 (教授) あべ まこと
  多変数関数論、複素幾何
 
水町 徹 (教授) みずまち てつ
  非線形分散型偏微分方程式、非線形波動
 
小鳥居 祐香 (准教授) ことりい ゆうか
  低次元トポロジー、結び目理論
 
澁谷 一博 (准教授) しぶや かずひろ
  微分式系の幾何学、フィンスラー幾何学
 
橋本 真太郎 (准教授) はしもと しんたろう
  数理統計学、特にベイズ統計学とその応用に関する研究
 

[複素ゼータ関数]

ゼータ関数の絶対値の対数表示


リンク

広島大学
総合科学部
理学研究科数学専攻
数理情報科学教室

連絡先:shibuya@hiroshima-u.ac.jp (澁谷)

修正日 2012. 11. 1