English version

広島複素解析セミナー
Hiroshima Complex Analysis Seminar


2017年度

第1回

日時: 4月25日(火)16:30 - 17:30
場所: 広島大学理学部B棟707教室
講演者: 高橋甫宗 氏 (大阪体育大学)
題目: 合流型超幾何函数とWKB解
要旨:
    合流型超幾何函数は合流型超幾何微分方程式の解である。本講演では、大きなパラメータを導入し、 完全WKB解析による方程式の解析を行う。具体的には、WKB解(とそのBorel和)と合流型超幾何函数のあいだの関係式を導く。 超幾何函数や合流型超幾何函数のパラメータに関する漸近挙動はある程度の解析がされてはいるものの、まだ完全とは言い難い。 WKB解と合流型超幾何函数の関係を明らかにすることで、さらなる漸近挙動の解析が可能になると思われる。


広島大学理学部へのアクセスはこちら



過年度のセミナー

2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
--------
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度



世話人

神本晋吾 (広島大理)
佐々木 良勝 (近畿大工)
下村 哲 (広島大教育)
滝本 和広 (広島大理)
平田 賢太郎 (広島大理)
水田 義弘 (広島工業大)
吉野 正史 (広島大理)

問い合わせ先

黒木 健司 (広島大理)kj-kurogi@hiroshima-u.ac.jp


Last update: October 13, 2015

数理解析講座へ戻る.